本文へ移動

非常用発電機負荷試験

非常用発電機負荷試験とは

非常用発電機がいざという時に稼働しない、というトラブルを防ぐために、30%以上の擬似的な負荷をかけ点検を行います。
負荷試験には、非常用発電機の動作確認だけでなくメンテナンス効果もあります。
1年に1回の総合点検に含まれる、実施しなければならない試験の一つです。

非常用発電機の点検方法が改正されました

1.負荷運転に代えて行うことができる点検方法として、内部観察等を追加
 
内部観察等の点検は、負荷運転により確認している不具合を負荷運転と同水準以上で確認でき、また、排気系統等に蓄積した未燃燃料等も負荷運転と同水準以上で除去可能であることが、検証データから確認できました。
 
 2.負荷運転及び内部観察等の点検周期を6年に1回に延長
 
負荷運転により確認している不具合を発生する部品の推奨交換年数が6年以上であること、また、経年劣化しやすい部品等について適切に交換等している状態であれば、無負荷運転を6年間行った場合でも、運転性能に支障となるような未燃燃料等の蓄積は見られないことが検証データ等から確認できました。
 
3.原動機にガスタービンを用いる自家発電設備の負荷運転は不要
 
原動機にガスタービンを用いる自家発電設備の無負荷運転は、ディーゼルエンジンを用いるものの負荷運転と機械的及び熱的負荷に差が見られず、排気系統等における未燃燃料の蓄積等もほとんど発生しないことが、燃料消費量のデータ等から確認できました。
 
4.換気性能点検は負荷運転時だけではなく、無負荷運転時等に実施するように変更
 
換気性能の確認は、負荷運転時における温度により確認するとされていましたが、室内温度の上昇は軽微で、外気温に大きく依存するため、温度による確認よりも、無負荷運転時における自然換気口や機械換気装置の確認の方が必要であることが、検証データ等から確認できました。
 

非常用発電機の負荷試験はお任せください

 

弊社では、負荷試験につきましては打ち合わせから、報告書の作成まで、ワンストップで便利な弊社をご利用ください。非常用発電機負荷試験についての詳細は下記よりお問い合わせください。

本社
前橋支社
株式会社ミナミ防災通信工業
本社
〒370-3602
群馬県北群馬郡吉岡町大久保3440-2
TEL.0279-54-8637
FAX.0279-54-8638
1.消防設備業
2.電気工事業
 
前橋支社
〒371-0855 
群馬県前橋市問屋町2-4-3 
アルファビル6F
TEL.027-212-5637
FAX.027-212-7637
1.消防設備業
2.電気工事業
TOPへ戻る